Mobile Firstでの制作

昨今、スマートフォンやタブレットが急速に普及が進んでいます。それに伴い、スマートフォンやタブレット用のオンラインヘルプなどのコンテンツ制作も増えてきています。Mobile First(モバイルファースト)とは、PC向けのコンテンツを作成してから、モバイル向けに情報や機能を落としていくやり方ではなく、モバイル向けの制作から始めるという考え方、手法です。

なぜMobile Firstなのか

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末は、PCに比べて画面サイズや機能などに制約があります。そのため、モバイル向けコンテンツは、PC向けに比べて提供できる情報が少なくなります。だからといって、PC向けに作成されたコンテンツをモバイル向けに削っていくやり方では、モバイルに最適なものは作成できません。逆にモバイルから考えることで、ユーザーにとって本当に必要な情報が浮き上がり、コンテンツがよりスリム化されます。それをPC向けにカスタマイズしていく方が、使いやすく、検索性のよいコンテンツを作成できるとパセイジは考えます。

Mobile Firstが導くソリューション

モバイル向けの制作では、接続スピードやデータ通信料を考慮して、画像や1トピックの量などを最適化する必要があります。また、ユーザーの利用シーン(コンテキスト)をより意識したライティングも必要になります。これらの要素は、PC向けコンテンツにとっても重要なこと。Mobile Firstにすることで、自ずとユーザーのニーズにフォーカスしたコンテンツが作成できるのです。
パセイジでは、経験豊富なスタッフがコンテンツの基本構造から徹底的かつ柔軟に考え、モバイルにもPCにも最適なコンテンツを作成いたします。